インバウンドや備考のスペルミスチェックをなくす「フォネティックコード」とは

インバウンドのスペルミスチェックで使える「フォネティックコード」とは

インバウンドをしているとメールアドレスなど、アルファベットをお客様からヒアリングすることありませんか?

ヒアリングする際にスペルミスをしてしまうとお客様の印象が悪くなったり、クレームにつながってしまうケースもあります。

今回はスペルミスをなくしスマートな電話対応が出来る「フォネティックコード」について記事にしていきます。

フォネティックコードとは


フォネティックコードとは日本語で言うと通話表です。

通話表は、帯域が狭く、歪や雑音の多い無線電話で、話者の発音の癖などがあっても、原文を一文字ずつ正しく伝達する目的で生まれた。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E8%A9%B1%E8%A1%A8

現代では無線環境は発達し、スムーズに会話ができるようになりました。

しかしいかに回線技術が進歩したにしても「ヒアリング」という事項は減らず。
「ヒアリング」というオペレーションは今も昔も変わっていません。

電話をメイン業務として行うコールセンターでも人的ミスの削減のために今も幅広い現場で活用されています。

コールセンターでの活用のされ方

では具体的にコールセンター業務でどのように活用されるのでしょうか?

コールセンターでは本人確認やヒアリングをするときに使います。

電波が悪く聞き取れない場合や復唱する場合に間違い安いアルファベットを確認し情報ミスがないようにする目的など使います。

項目としてはメールアドレス、時には名前、住所など項目は様々です。

よくあるのが「P」と「T」、「F」と「S」など。
あと「M」と「N」など。

フォネティックコードはデフォルトのものはがありますが、
コールセンター毎に一部単語が言いやすいように差し替えられていたりします。

コールの際すぐに活用できるフォネティックコード表


今回は言いやすい単語にアレンジしたフォネティックコード表を下記に記載したので是非ご参考下さい。

ヒアリング用アルファベット一覧
頭文字 単語 読み仮名
A Apple アップル
B Bird バード
C Cat キャット
D Dog ドッグ
E English イングリッシュ
F France フランス
G Golf ゴルフ
H Hotel ホテル
I Italia イタリア
J Japan ジャパン
K King キング
L London ロンドン
M Mountain マウンテン
N Next ネクスト
O Osaka オオサカ
P Pair ペアー
Q Queen クイーン
R Rome ローマ
S Spain スペイン
T Tシャツ ティーシャツ
U Uniform ユニフォーム
V Victory ビクトリー
W World ワールド
X X エックスセン
Y Yシャツ ワイシャツ
Z Zebra ゼブラ

コミュニケーション能力の向上には資格取得がおすすめです


いかがでしたでしょうか?

コールセンターでのスキル向上を目指すためには営業・接客力アップに役立つ
「伝え方コミュニケーション検定」がおすすめです。

伝え方コミュニケーション検定

☑3時間の動画視聴をするだけで資格が取れる

☑履歴書に書ける

☑6ヵ月何度でも視聴ができる

☑仕事以外の日常にも活かせる

是非こちらの資格も検討してみてはいかがでしょうか。
外出せず3時間で履歴書に書ける資格がとれる!伝え方コミュニケーション検定

まとめ

表の単語には決まりがありませんので使用する際はぜひあなたの言いやすい単語にアレンジしてみてください。

「フォネティックコード」でスペルミスは限りなく0に近づきます。

合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です