【法人営業】テレアポで受付に断られるのを減らすコツ

法人営業のテレアポで受付に断られるのを減らすコツ

アウトバウンド業務の中で断られてしまうケースは大きく分けて3つあります。

テレアポで断られるケース
①決裁者ではなく受付で断られてしまう場合
②決裁者とお話したが趣旨を伝えて断られてしまう場合
③決裁者とお話しし、購入・制約やアポイントのクロージングで断られてしまう場合

今回は” ①決裁者につながらず断られてしまう場合 ”
について解決策、突破策を考えていきたいと思います。

自信を持って話す


まず考えられるのが自信なく話をしていて
声で伝わってしまうケースです。

自信がなさそうに聞こえると後ろめたい気持ちがあるのではないかと勘違いされてしまいがちです。

あなたの提供しているものは人の為に役に立つ商材ですよね。

お客様はその対価としてお金を払うのですからお互い「WINWIN」な関係です。

自信を持ってハキハキと話すことで決裁者に繋いでいただくことができます。

内容を話しすぎてしまう

決裁者に繋いでいただけないケースとして良くあるケース。

内容を話しすぎてしまうことも挙げられます。

全てお話しすると「営業の電話でお繋ぎできません。」
ですとか「全てお断りしているので」とはじかれてしまうケースが多いです。

なぜなら話せば話すほど営業感が出てしまうからです。

また、受付の方がご納得いただけた場合も、
受付の方は決裁権をお持ちではないケースがほとんどです。。

「担当のものに再度お電話ください」

となった場合お互いの時間ロスになってしまいます。

1番大事なのは電話口の方がどなたに繋ぐべきか。
自分で判断できる内容なのか。
その判断要素をお伝えすることです。

端的に一言でご用件をまとめてお伝えすることをお勧めします。

担当者をうまく指定できていないケース


法人向けで「内容を話しすぎてしまう」ケースに陥りやすいのが、担当者をうまく指定できていないケースです。

的確に内容を伝えたい部署や役職者、業務内容をお伝えする事ができればスムーズに繋いでいただけます。

逆に担当者が沢山該当するくくりで伝えてしまうと内容を深く聞かれることが多いです。

内容を伝えて営業と判断されれば担当者につながる可能性が低くなるのでしっかりアプローチ先の人物像を見立てて架電しましょう。

多重架電になっている

お客様に端的に要件だけお伝えしても断られてしまうケースがあります。

同じようなお電話がたくさんかかってきているケースです。

あなたが扱っている商材はあなただけが営業しているものですか?

競合他社や別の代理店などはありませんか?

同じようなお電話が複数かかってきていると
お客様としては「またこの電話か!」と怒り心頭です。

あまりにも温度感が高い方が多い場合は
このケースを疑いターゲット変更を視野に入れましょう。

原因が分からなければ聞いてみる


考えても原因がわからない場合は客観的に見ることで分かることもあります。

録音データ(ログ)を聞いてみる

自分を客観的に見るためには録音データを聴くのが1番早いです。

自分で思っているしゃべりと他の人から見るしゃべりは違います。

録音データは自分を客観的に見るために最適です。

視点を変えることで分からなかったことが見えてくるでしょう。

上司や仲間に相談してみる

断られた理由を書き出して上司や仲間に相談してみましょう。

それぞれ違う経験があり、あなたとは違う視点で物事を判断することが出来ます。

八方塞がりかと思っても他の人に聞くことで案外スムーズに解決できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です