コールセンターで浮かない身だしなみ、服装について

コールセンターでの服装について

コールセンターといえば服装がラフなイメージ
コールセンターといえば髪型も自由、ピアスOKのイメージね

コールセンターは非対面の仕事であるため実際他の仕事と比べたら服装の基準はかなり低いと言っていいでしょう。

ただあくまで職場であり最低限社会人として恥ずかしくない格好を心がけるようにしましょう。

本記事では押さえておくべき身だしなみのポイントについて記事にしていきます。

企業のルールを確認する


お客様とは非対面で比較的身だしなみには寛容な業種ではありますが企業ごとに定める服装は違います。

企業のルールの例
・IDカードを持ってきているか
・制服があるのかないのか
・スーツを着用する必要があるのか
・髪の毛の色染めやアクセサリーはしてもいいのか

例えばセンター内にお客様の出入りが多かったりする場所ですと身だしなみについて厳しいところもあります。

念のため周りがどのような身だしなみをしているのかは予め確認しておきましょう。

一般的なコールセンターの服装について


特に身だしなみに定めがない場合も最低限社会人として適当な身だしなみを心がけましょう。

清潔感がある格好をする

まずはどんな格好でも清潔感です。

日々の業務の中で関わりあうのは同じ職場内の人だけかもしれません。

しかしビジネスパーソンとして同じ職場の仲間と気持ちよく仕事をできる環境作りをしていきましょう。

環境作りの一環として服や髪の毛など清潔は保ちましょう。

清潔感がないケース例
・袖口、襟元の汚れたワイシャツ
・シワが付いていたり、ヨレヨレになっていたりする服
・髪の毛や肩口に老けが落ちている
・髪の毛がぼさぼさしている。フケが目立つ
・ヒゲを剃っていない
・匂い(汗や口臭、強い香水など)

派手な服装や見た目は避ける

周りが仕事をしやすい観点から注意を引く見た目や服装は避けましょう。

周囲に不快感や時に威圧感を与えてしまうことがあります。

注意を引く見た目の例
・濃いメイクや目立つペイント、ネイルアート
・ミニスカートなど露出の高い服
・ピアス、スパンコール付きシャツなど派手目の衣装、アクセサリー

安全性や機能性に考慮する

職場は出会いの場でもなければ自分をアピールする場でもありません。

お金を貰う対価として労働をするわけですから
安全性や効率重視の機能性に気をつけましょう。

安全性や機能性が疑われる例
・大きな指輪やネックレスなど扱い辛いもの
・厚底靴やヒール、サンダルなど動きにくさに欠ける靴

コールセンターへの転職を考えているならエージェント相談がおすすめ



「コールセンターの業務に少し興味がある。」
といった方にはマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントなら
☑自分の市場価値が分かる
これまでの経験やスキルを洗い出し、自分のキャリアや価値観を見直す機会を作ることができます。

☑転職のプロにアドバイスが受けられる
一人では気付かなかった強みやアピールポイントを引き出しながら、新たな活躍の場をご提案いたします。

マイナビエージェント
賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!

また適職診断なら仕事があなたに合っているのか確認することができます。

「ミイダス」ならコンピテンシー診断(行動特性)など3種の無料診断をお試しできます。
市場価値診断なら、ミイダス!

ルールとマナーはしっかり守る

いかがでしたでしょうか?

身だしなみについては結局は自分との相談になるとは思いますが、
寛容とはいえビジネスパーソンとして弁えた身だしなみは心がけましょう。

ルールとマナーを守って自由なファッションを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です